企業情報・
サステナビリティ
Company/Sustainability

Sustainability サステナビリティ

太平洋興発グループのサステナビリティ基本方針

太平洋興発グループは、持続可能な社会(サステナビリティ)の実現と中長期的な企業価値の向上を目指し、ESG(環境・社会・ガバナンス)活動に積極的に取り組み、関連するSDGs(持続可能な開発目標)の実現にもつなげていくよう努めてまいります。

ESG活動に関する取り組みについて

E(環境):環境に配慮した取り組みを進めてまいります。

  • 1.円滑な脱炭素化の実現を目指し、環境配慮型のバイオマス燃料である木質ペレット、PKS(パーム椰子殻)等の取り扱いを拡大してまいります。

  • 2.温室効果ガス(CO2)と石炭灰を混合して鉱物化し、石炭坑道跡地の充填剤として再利用する実証実験を進めてまいります。

  • 3.温室効果ガス(CO2)を鉱物化(地下固定化)し、クリーンエネルギーである水素を取り出す実証実験を進めてまいります。

  • 4.森林の間伐や造林作業を実行し、森林の減少を防止し、劣化した森林を回復させ、生物多様性の保全に努めてまいります。

関連するSDGs

S(社会):労働環境を整備し、地域社会に貢献してまいります。

  • 1.育児・介護休暇、年次有給休暇等の取得推進をいたします。

  • 2.高齢者雇用安定法に適切に対応し、長く働ける環境を作ってまいります。

  • 3.太平洋興発グループ創生の地である北海道釧路市での夏まつりを継続して開催いたします。

  • 4.北海道の経済活性化のため、地元の自治体や企業と協力してまいります。

関連するSDGs

G(ガバナンス):リスクマネジメントを強化し、持続可能な経営を目指します。

  • 1.リスクの洗い出しを徹底的に行い、深刻化する自然災害に対応できるよう、規程等を整備し役職員に周知徹底いたします。

  • 2.グループ内においてコンプライアンス教育を計画的に実施してまいります。

関連するSDGs